欠点ばかり見つめすぎている人は、ここ要注意です!

      2017/04/30

欠点を気にしすぎない,欠けたリンゴを見つめない

テーブルの上に果物がおいてあります。

ひとつは、丸くて真っ赤なおいしそうなリンゴ。

もうひとつは、ひとくちかじられた跡が残っているリンゴ。

あなたはどちらのリンゴが気になってしまうでしょうか。

 

欠点ばかり見つめすぎている人はここ要注意です!

かじられたリンゴが気になるあなたは・・・?

今回の前向きな言葉

「欠けたリンゴ」を見つめない

「いま・ここ」にある幸せに気づく
センタリング

はづき虹映著より

 

私たちの脳は、自分の生命を維持するため無意識にいろんな機能を働かせています。そのためにいつも大丈夫かなと周りを注意しているのですね。

だから、違和感のあるものが見えると、「なんだろう、大丈夫かな」と観察・確認してしまう自動機能のようなものがあります。その機能が日常でも働いている。

「リンゴの欠けた部分」に自然に注目する。
しかし、この「欠けた部分」に注目して、アタマのいいなりになることこそ、
じつは、「豊かさ」を受け取れなくなるメカニズム、根本原因そのものです。

本書より

 

げげ~!

収入がすくない。

仕事がない。

アタマがよくない。

美しくない。

パートナーがいない。

友達がすくない。

・・・。

 

残念ながら、「ない」に注目しているかぎり、「ない」が拡大するだけです。

「不足」から始めたことが、「満足」にたどり着くことはありません。

本書より

 

そういえば、思い当たるふしがあります。

仕事が「ないない」って言っていたときは、全然仕事がみつからず、「ない」って言わなくなってから、ひょこっと仕事がみつかったことがありました。

「ないもの以外は、すべてある」のです。

ごくわずかの「欠けた部分」に注目するのではなく、

大半を占める「完全」な部分に、もっとフォーカスすることです。

本書より

仕事がないに注目していたなんて、今から考えると恐ろしいですね。ということは、先日まで体調よくないと思っていたときは、体調の悪いところにばかり注目してたことがよくわかりました。

でも熱は出ていないよ、とか、のどは大丈夫だよ、とか、いいところは全然見ていなかったですね。わ~気をつけよう。

 

「いま・ここ」にあるもの。

いま、ないものではなく、

いま、あるもの。

 

空気・水・パソコン・静かに眠れる部屋・知識が増える本・友人・着心地のよいシャツ・歩きやすい靴・もふもふのクッション・チョコレート・アロマキャンドル、、、挙げていけばたくさんの「ある」にかこまれていました。

意識を向ける方向を間違えていましたね。

 

意識を向ける方向は合っていますか?

おいしいリンゴをかじって食べる

今回の前向きな言葉

「欠けたリンゴ」を見つめない

「いま・ここ」にある幸せに気づく
センタリング

はづき虹映著より

 

でした。

この言葉、ほんと肝に銘じよう。つい「ない」ものに注目しがちだもん。

「いま・ここに・あるもの」を見ることで「豊かさ」を感じるココロが育っていく。

意識していきたいですね。

 

 

 - 前向きな言葉 , ,