人の倍使える時間を増やして、人生もっと楽しんでみようと思う。お得な時間管理の方法とは!?

      2017/03/24

時間を有効に 時計

「早起きは三文の徳」という言葉があります。
そうですね、朝早起きできたら、その日一日時間に余裕を持って過ごせそうです。
それに、朝の1時間は、夜の数時間分にもあたるといわれていますしね。

スマートウォッチ

でも、ときどき
ぼ~っと、あてもなく、ネットサーフィンしちゃって、ハッと気づいたら2時間くらい経っていたりして、
「あ~なんてもったいない時間を過ごしてるんだ~」と思うことも・・・。
そんな私がハッとした本がこれです!

「時間管理の鉄則 使える時間が倍増する! 」
山本憲明著

書いてある内容は、すでにどこかで読んだり聴いたりしたことが多いです。

ですが、

ですが、

なぜか心に響きます。

著者の山本憲明さんと私の、フィーリングというか、波長が合っているのでしょうか。

この本は、かなり具体的・実践的に感じます。

気になる言葉があったので抜粋いたしますね。

「1日の活動時間を考えるときは、睡眠時間を軸に」

「時間管理の鉄則 使える時間が倍増する! 」
山本憲明著より

すやすや 眠っている子ネコ

確かに、眠くなってしまってはアタマがぼ~っとしてなにもできません。
アタマがスッキリしている状態で活動したいですもん。
でも、睡眠時間を真っ先に決めてから、その他のことをする時間を割り振りするという発想はありませんでした。
これは目からウロコもののお話でした。

「何事も取り組む前に、終わりの時間を明確にしておく」

本書より

ゴールの時間

これ、めっちゃ大事です。

私の以前の職場で、これを明確に決めていなくて、だらだら残業していたことがあったのを思い出しました。
たとえば、私の場合・・・、
上司から突然、事務所の机の配置換えをしようといわれ、ゴールがわからないまま22時過ぎまで、机をああでもないこうでもないと動かして、結局中途半端なまま、翌日持ち越しということがありました。
上司より「イメージは私の頭にあるからその通りに動かして」といわれ、そのイメージがコロコロと変わり、私は「いつ終わるんだろう・・・」と、それはそれは不毛な時間を過ごしたのでした。

ちょっと過去のグチっぽくなってしまいました。
スミマセン。
m(__)m

オフィス机 美味しいお茶

こんな感じで、「終わりの時間」を決めておくのって大事だと思います!
期限があれば、それまでにここまではやろう、とか決められますしね。
ゴールがわかっていれば、いま自分はどのあたりにいるのかもわかります。
安心できますね。

 

時間は有限です。
幸せな時間、たくさん過ごしたいですね。

 - 前向きになる本, 心のビタミン , ,