あなたの脳はゆがんでいるかも!?脳の健康取り戻したいので調べてみました!。

   

脳の元気は取り戻せる

現代人は脳が健康じゃない、いびつな使い方、偏った使い方をしているそうです。

特に、PC(パソコン)やスマホ(スマートフォン)などの機械に大きく依存した生活をしていて、脳の使っている部分、全く使っていない部分の差が激しくなっています。
現代人が使っていない脳の部分は、「視覚系」「理解系」「記憶系」

今回ご紹介する本はこれです。

ゆがみをなおせば、毎日のワクワクを取り戻せる!

「脳コンディショニング」

医学博士/「脳の学校」代表
加藤俊徳著

現代人は脳がゆがんでいる!?

性格じゃなくて脳ですよ。
(;^_^A
脳のゆがみ,ゆがんで見える

「視覚系」観るところ偏っていませんか?

 

視覚系を使っていないというのは意外でした。

だって、スマホやTV(テレビ)などの画面を見ていれば視覚系は使っているはず、と思ったからです。
ところが、この「視覚系」というのは、海や山、月や星などの自然を眺めるということ。

そういえば、私は海や山に出かけることありませんね。月や星は、夜に散歩(ウォーキング)に出かけるので眺める機会があるので少しほっとしました。

 

「理解系」年下の人と会話が出来ますか?

 

何を話したらいいのかわからない方も多いと思います。
私もそうですね。共通の話題があれば別ですが、そうでなければ、お天気の話題などあたりさわりのない会話をしています。

年下の人との知識や情報の質や量の差を感覚的に認知して会話する。
これは、違いや共通点がわかるという「理解系」の脳を使わなくなっているからなんですね。

 

相手に興味がなければさらに理解しようとは思わなくなる。
いつもひとりや同じ人としか話さないなど、狭い世界にいると、興味を持つ対称もいなくて、理解系の脳を使わなくなってしまいます。

初対面の人と話すと脳にはよい刺激になりますね。

 

「記憶系」自宅や友人知人の電話番号は、すぐ言えるでしょうか?

 

私は、自分の自宅やスマホの電話番号は記憶しているので、すぐ言えますが、友人・知人・仕事先の電話番号などは全く覚えていません。スマホのメールアドレスは覚えていなくて、プロフィールを呼び出して確認しています。

あなたはいかがでしょうか?

 

そういえば、私は小学生の頃、友達の家の電話番号などは暗記していました。
未だに、数人の友人の実家の電話番号は、まるまる暗記しています。
しかし、その友人たちは結婚して独立しているので、もう実家には住んでいません。もう電話をかけることは無いので、覚えていてもしょうがない気もしますが・・・。

 

それから、試験勉強や資格取得のための勉強なら、暗記の勉強は社会人になってもやりますよね。ほかはどうでしょう?接客業なら、お客様の名前と顔を記憶するなどでしょうか。

確かに、スマホに保存する、メモに記入するなどするなら、意識しないと記憶脳は使わないようになるのかもしれませんね。

 

あなたの脳はゆがんでいるかも!?脳の健康取り戻したいので調べてみました!

脳が元気,元気な年配者

使わない脳の部分が多ければ多いほど脳の劣化は進みますから、やろうと思っていてやっていないこと、そもそもやったことのないことをやり、脳の使っていない部分をどんどん使って鍛えれば劣化は遅らせることができるそうです。
遅らせるどころか、100歳の方でも、さら成長できるという。

 

脳を鍛えるのに年齢は関係ないのですね。

 

◆脳を鍛える方法

いつも右手で歯磨きする人は、歯ブラシを左手に持って歯を磨いてみる。

お箸を持つ手を変える。

姿勢を正して歩く。

運動を始める。

意識して自分を褒める。

 

この自分を褒めることがとても重要です。
他人の目を気にしたり、他人の判断基準で行動していると
自分の意思とは食い違うため、こころが揺らいできます。

この「揺らぎ」が影響して、どうも脳によくないみたいです。

 

自分の判断基準による評価に変えることが、1番の脳コンディショニングなのです。

脳コンディショニング
加藤俊徳著より

脳コンディショニング、なんとなくイメージできましたでしょうか。

 

脳の劣化しやすい部分を強化する。「視覚系」「理解系」「記憶系」

大丈夫,脳の健康は取り戻せる

視覚系脳

現代人はパソコンのモニターやTV、スマホの小さな画面などを見て、自分の目で見た本物の世界や感覚を忘れがちになっています。

そこでオススメの視覚脳を鍛える方法

※今日傘を持って出かけるかどうか、空を見て判断する。

天気予報を調べて決めるのではなく、空を見上げ、雲行きを自分で見て肌で風を感じて、判断するのです。
どうです?これ忘れていませんでしたか?
私は子供の頃、そういえば、雨の降る前にはなんだかわからないけれど、土の湿ったにおいがした気がします。

 

理解系脳

空気が読めていない、なんとなく場の雰囲気をしらけさせてしまう、そんな風に感じたら、理解系の脳が衰えているのかもしれませんね。そんな理解系脳を鍛える方法。

◆映画やドラマを見るとき、役者さんの表情を見てその気持ちを想像する。

ストーリーをおっていくだけではなく、いい表情をする役者さん探しをするのもいいかもしれませんね。

 

記憶系脳

インターネットで調べれば、たいていのことは、すぐわかります。便利な世の中になりました。その代わり、自分で記憶しなくても、スマホがあれば大丈夫と思って、外部記録メディアに頼って自分で覚えようとしなくなってしまいました。

すると、脳は使わない部分が増えて、劣化してきてしまうのですね。

では記憶系の脳を鍛える方法。

◆昔よく聴いた音楽を聴いてみる。

歌詞つきの曲ならなおいいですね。歌ってみるのも脳の刺激になります。歌詞が自然と出てきたら、眠っていた記憶系の脳が目を覚ましたのかも。

 

上記のようなトレーニングを楽しみながら、あまり使われていない脳の部分「視覚系」「理解系」「記憶系」を意識して使うようにしましょう。

脳のコンディションを整えて、カラダも脳も健康に過ごしていきたいですね。

 

 

 - 前向きになる本, 心のビタミン ,