努力が続かなくて苦しいときに出逢った、努力の仕方がわかった言葉

      2017/04/18

春ピンクきれいなさくら

あなたは、努力が続かない、ほかの何か新しいことはじめたい!とか、環境を新しく変えたい!と思うことはありますか?

私は先日まで、努力の成果が出ない、それどころか結果は失敗ばかり、やってもやっても終わらない、先の見えない状況に陥ってしまい、

「んが~!!!しんどいよぉ~もうやめたいよぉ~!!!」とジタバタしていました。

そんなときに、「努力の仕方がわかった言葉」「努力することが苦しくなくなった言葉」があったので、ご紹介しますね。

努力が続かなくて苦しいときに出逢った、努力の仕方がわかった言葉

ipadのアイコンを見つめるアヒルちゃん

今回の前向きな言葉、

「新しいところを探すのではなく、
今いるフィールドでどれだけやれるかだ。」
です。

音声(Podcast)はこちら
クリックしてお聴きくださいね。

8分35秒

先日、私は連日3~4時間の睡眠時間のうえ、アタマを使いすぎでアタマから湯気がでそうなくらい?になっていました。クタクタで横になって寝た翌日の朝、目覚めたときに聴こえた言葉です。そうなんです、アタマに言葉が浮かんだというよりも、聴こえたという表現の方がぴったりな感じだったのですね。
これは、なにかのお知らせかなと思い、素直に実行することにしました。

もうね、「やりきった」と思えるまでやってしまおうと思いました。先日フィギュアスケート選手引退を発表された浅田真央さんのように爽やかにいきたいですよ。「やりきった!」清清しくいえるまで、自分の納得のいくまでやってみようと。

このブログで以前書きましたが、どうしても無理と思えば逃げればいい。カラダ壊すほどがんばらなくてもいいかなと思います。

 

努力する期間、がんばる期間を決める

sunadokei 時間 時を刻む
エジソンのように、できるまで続ける。これが出来るひとはできるまで続ければよいでしょう。

ですが、私のような飽きっぽいひとは、自分が思っていた以上にがんばる時間、努力する期間が長い割に成果が出ないと、つらくなってきてしまいます。

努力する期間、がんばる期間、締め切りを決めてしまう。

そうすると、だらだらTVを見たり、ネットサーフィンしている時間もなくなってくる。タイムリミットが決まっていると「いったい、いつまで、がんばればいいんだ~!」というしんどさはなくなりますよね。

それに、ハーバード大学の講師ショーン・エイカーさんが、TED(プレゼンテーション番組)の「幸福と成功の意外な関係」の中で、21日間続けると、その行動は習慣化することができると話されています。

ということは、努力と思っていたことが、普通に毎日ハミガキをするような習慣になるということにもつながりますよね。ならば、やってみる価値はあると思います。

つまり、上手くいかないからといって、すぐ新しいことを探すのではなくて、今いるフィールド(場所)で、もうちょっとふんばってみよう。1週間やってみよう、とか、21日間続けてみようとか、3ヶ月はウォーキングしてみよう、1年はピアノのレッスン続けてみようとか、3年はこの会社でがんばってみようとか。

期限・締め切りを決めると、「その期間は、なんとかやってみよう!」というモチベーションにもつながります。

そもそもどうして、あなたはその努力をしたいのでしょうか?

未来を考える猫,未来を見つめるネコ

そもそもどうして、あなたはその努力をしたいのでしょうか?
努力してまで達成したい、それはなんなのか?
努力してまで達成したい、それはどうしてなのか?

理由がはっきりすれば、モチベーションが上がらないということも減らせるはずですよね。

これを意識して毎日過ごせば、「努力するんだ!がんばるんだ!」って無理して行動しようとしなくても、習慣化すれば、することがあたりまえ。やるのがあたりまえになる。

今回の前向きな言葉は、

「新しいところを探すのではなく、
今いるフィールドでどれだけやれるかだ。」

でした。

元気に生きている間にできること、できるうちにやっていこうと思うのですよ。
では~。

 

 - 前向きpodcast(音声) , ,