ふらっと観てよかった、時間を忘れる映画「君の名は。」

      2017/03/24

流れ星

先日、ふと気分転換したくなり、
物理的に普段行かないところに身をおいて気持ち切り替えようと試みた。

あ、映画観に行こう。
数年ぶりかも?

この映画、時間を忘れる感覚を味わえます。
4次元空間を擬似的に観ることができる(!?)
なんのこっちゃ。
それは観てのお楽しみということで。

日本の夜景

今回の音声podcastメニュー
1.ふらっと観てよかった、時間を忘れる映画「君の名は。」
2.今回の前向きな言葉:シンプルだけど大事なこと。
3.映画館のあの気になるスイーツ!

クリックしてお聴きくださいね。

6分58秒

1.ふらっと観てよかった、時間を忘れる映画「君の名は。」

たそかれ時 黄昏 誰そ彼時

先日、ふと気分転換したくなり、
物理的に普段行かないところに身をおいて気持ち切り替えようと試みた。

さて、どこに行こうかな?

思い立ったのは午後8時。
今からどこ行こう?

その時、偶然、家のTVに情報番組が映っていた。
特集:映画「君の名は。」

あ、映画観に行こう。
ずいぶん、あっさり決まったもんだ。

今から誘える友人は、思い浮かばず・・・、
「ま、いっか」とひとりクルマに乗って最寄のシネコンへ。

レイトショーのチケットを買って劇場へ。
話題の映画と聴いていたけど、公開から時間がたっているせいか、座席はかなり空いている。
ゆったりできた。

内容は、多くはネタバレになってしまうので、
どうしようかな、
高校生の女の子と男の子の淡い恋のお話だけではなく、
いろいろ深い神話なども盛り込まれたお話。

たそかれ時=黄昏=誰そ彼時
マジックアワーともいわれている日没時、不思議な時間のお話です。
なんだか、忘れていたピュアな気持ちになれました。

 

2.今回の前向きな言葉:シンプルだけど大事なこと、です。

青空

映画「君の名は。」を観て思い浮かんだ言葉。
今回の前向きな言葉は、

「いまをいきる」
映画を観て、
現在・過去・未来、時間の感覚は現代の人間が作ったもので、
時間以外にも、なにかあるかもしれないなと思った。

以前読んだ本やSF映画などを観て知った、量子物理学の世界などを思い出しました。
時空のゆがみとか、
離れた場所・空間に関係なく量子を移動できる、量子テレポーテーションとか、
多次元・パラレルワールドとか。

今ここにいることは、すごいこと。
奇跡的なことだと。

実は、ほかにも何通りもの自分の人生があって、
たまたま今、この人生の世界にいるんだなぁと。
その気になれば、別の次元の人生にも行けるかもしれない?

それまでは、この人生、楽しもう~。

だから、
「いまをいきる」

って言葉が浮かびました。

映画の内容については、ネタばれになるかもしれないので、このへんで。

 

3.映画館のあの気になるスイーツ!

映画館でポップコーン

映画館に入るときって、テンション上がりませんか?
私は超上がります。
非日常の世界に入っていくみたいに感じるのですよ。
私だけかなぁ~。

そして、その感覚を盛り上げてくれるのが、
あの入り口に漂うあま~い香り。

そう、「キャラメルポップコーン」です!

あのあま~い香り、アタマがふわわ~んとなります。

私が子供の頃は、ポップコーンといえば、塩味でしたが、
今はいろんなフレーバーがありますよね。

しかしながら、私はまだ、映画館でポップコーン食べながら映画を観たことがありません。
映画に没頭しすぎて、食べることを忘れてしまうからです。

いつか、ポップコーン片手に映画観よう~。

では、また~。

 - 前向きpodcast(音声) , ,