悩んでいる時間はもったいない! それよりもずっと気分いい時間の過ごし方。

   

悩んでいる時間はもったいない,笑顔の時間

ここのところ、家族が「体調が悪い」とここ数日いい続けているのです。

家族:「ちょっと聞いてよ~、なんだか胃の調子が悪いみたいで~、ご飯がおいしく食べられないし~」

合うたび、調子が悪い様子のはなしをしてくれます。

:「大丈夫? 胃腸薬のんでみたら?」

家族:「薬のんでも治らない」

:「薬が合っていなのかも知れないよ。お医者さんに診てもらったほうがいいよ」
「原因がわかったら安心するから、診てもらいなよ」

家族:「でも~お医者さん苦手だし~、様子見たら治るかもしれないし~」

この繰り返しなのですね。
う~ん、聴いてるこちらも、しんどくなってきます。

その悩んでる時間、もったいないと思いませんか?

今回の「前向きな言葉」

「悩んでいる時間はもったいない」

今回の「前向きな言葉」音声ファイル
クリックしてお聴きくださいね。

7分21秒

 

悩んでいる人がいると周りの人は、最初は心配します。
しかし、体調を良くする方法はほかにもあるのに、試そうとしないで、
医療に関しては素人のひとに、同じ症状を言い続けることは、なんの解決にもなりません。

これって、体調の悪い本人はしんどくて大変なのはわかります。

しかし冷たいようですが、
「ああ、本当は体調不良を本気でいち早く治したいのではなくて、甘えたいんだなぁ、心配してほしいんだなぁ、かまってほしいんだなぁ」って思ってしまいます。

そして
やっとここからが本題に入りますね。

その、体調不良を体調不良のまま、なんとなく不快な気持ちを持ち続けて何日も過ごすこと。
この時間って本当に「もったいない」と思うのです。

 

モヤモヤ・どんよりした時間、わざわざ増やしていませんか?

なやんでいる時間の女の子

かつての私がそうでした。
今から思うと、どんよりした時間、全力でわざわざ作っていました。
悩んで頭の中で、「どうしよう? どうなんだろう?」とどうどうめぐりさせて。
悩んでも解決にならないし、気分はへこむばかりです。
もしかしたら、もっと悪い病気なのかもなどなど、ネガティブ思考炸裂しまくり!でした。
今でもときどきネガティブ思考がひょっこり顔を出してくるので要注意ですね。

人生の時間は有限です。
楽しいことに時間使いたいと思うのです。
ほんと、悩んでいる時間もったいないですよ。

家族や友人に話すと気分が楽になるという
そりゃ本人はいいかもしれませんが、聞かされた周りの人はしんどいですよ。
そして、素人同士で話していても、根本的に解決しないんですね。

数日間、調子悪いな~、しんどいな~と、どうしてだろう~と
不安な時間をすごしています。
周りの人も、どうしたんだろうね、おかゆ食べたら? あたたかい飲み物をのんだら? 市販の胃薬のんだら?
疲れからきているかも、ちょっと休んだら? いやいや、なにか病気の前兆かも?
などなど、言いあっていても、そのときは、横になって休んだりして、
起きてから体調が回復して、スッキリすればいいですが、
相変わらず、胃が痛いなど体調がすぐれなければ、不安な時間が増えるだけです。

 

これならきっと、悩んでいる時間より、ずっと気分いい時間が過ごせますよ。

毎日が美しい楽しい時間

ほんと、この不安な時間を過ごすことがもったいない。
ならば、スパっとプロにまかせてスッキリしましょうよ

思っていたより身体が悪かったらどうしよう?
そのときは、そのときで、病気が早めに見つかってよかった、くらいに思っていかないと、キリがないんですね。

動物には生存本能があります。
生き残るため、危険を察知することは必要です、
不測の事態に備えることも大事です。
でも、必要以上に怖がって生きていくことは無いと思いませんか

人生の時間は限られています。それもいつまでなのかわかりません。
だったら、できるだけ気分ほがらかに、笑って楽しく過ごしたい。
眉間にしわを寄せて、モヤモヤ・どんよりと悩んでいる時間はもったいない。
本当にそう思うのです。

だから、自分が悩んでいるな~と思ったら、できるだけ早く、
「どうすれば、このモヤモヤ解消できるのかな?」と考えを切り換えてみてください。
きっと、悩んでいる時間より、ずっと気分いい時間が過ごせますよ。

 

 

 - 前向きpodcast(音声) ,