前向きな、ミニマリスト暮らししてます!

      2017/03/24

オーストラリアのコアラ

前向きな、ミニマリスト暮らししてます!

ワークステーション

あなたは「ミニマリスト」という言葉ご存知でしょうか。

ミニマリスト

持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。「最小限の」という意味のミニマル(minimal)から派生した造語。
知恵蔵2015の解説より

小さな家

「タイニーハウス~大きなアメリカの極端に小さな家~」(ヒストリーチャンネル)というTV番組を観て、その小さなお家のかわいさに惚れてしまった。

タイニーハウスとは、極小ハウス(およそ30平米以下)のことをいいます。
キャンピングカーより少し大きめなトレーラーハウス風のおうちです。
ひとりかふたりで住むのがやっとな広さの家で、
ロフトがあり、まるで秘密基地っぽくて、見ていてわくわくする。

番組ナレーション:「タイニーハウスは次のムーブメントになるっ!」
私:「いや、広いアメリカで、それはないでしょ~」

ある日の放送では、
ドアなしトイレの横に、トイレの床の高さと同じ高さで寝ることになる、引き出し式ベッドを作りつけたつくりの家が紹介され、
私:「いや~それは落ち着いて寝られない~ムリムリ~」

などなど、ツッコミどころ満載の番組でしたが、
余分なものがない、必要なものだけのシンプルな暮らしぶりは、とても美しく感じました。

見続けているうちに、めっちゃ即発され、
去年暮れに、私、超・断捨離しました。
それはもう、終活(人生の終わりのための活動)のよう。

 

私はミニマリストになる! シンプルに暮らそう。

本棚の本

1年以上着ていない服・礼服以外のものは、どっさりリサイクルショップへ。
本やCDも、ダンボール箱2箱分と、紙袋4袋分をBOOKOFFへ引き取ってもらいに。
雑貨や電化製品などは、OFFHOUSEへ引き取ってもらいに。

番組で紹介される、
狭い空間に、必要なものすべてを整頓して機能的に使う様子は、
スッキリして、見ていてとても気持ちよく、

私もとうとう、一部屋を「仕事部屋兼寝室」にしてしまった。
前の職場のパソコン保守担当の方いわく、
「パソコンはホコリに弱いから、寝室と兼用はちょっと・・・(汗)」と難色を示していましたが、
私のミニマリスト熱は、それでは冷めません。

部屋の狭さから、仕事机とベッドと本棚とチェストを並べて置くのは難しいので、ロフトベッド買っちゃったよ。

地震の多い日本で、ロフトベッドって・・・危なくないかい?

 

シンプルに、コンパクトに、軽やかに生きていたい

 

宇宙の家

地震の心配より、コンパクトに暮らしたい欲求の自分が勝ってしまった~。

う~ん、なんであんなに片付けまくっていたんだろう。
きっと、自分自身いろいろ変えたくて、
頭の中を整理するように、環境も整理したかったんだろうなぁ。

さて、そろそろロフトベッドにしてから、はじめての夏がやってくる。

冬は、あたたかい空気が上にたまるから、暖かくてよかったけれど、
夏は、暑い空気が上にたまって、暑くてとんでもないと思うんだな~。
そしたら、避暑地(いままで寝ていた隣の部屋)に移動しよう。

理想は、タイニーハウス?
実は、究極のミニマリスト暮らしって、宇宙ステーションでの暮らしだよね。


 

 - シンプルライフ, ライフスタイル , , ,