可愛い人でありたい!?それじゃまず、明るい色の服を着てみよう!

      2017/03/24

赤い服を着たイヌ

目指すは、大人可愛いチャーミングさ!

チャーミングな女性

あなたは、可愛い人でありたい!?
大人になってもチャーミングでいたい。
それとも、クールな大人でいたい?
私はお茶目でチャーミングな人でありたい、そう思っているんです。

しかし、
可愛い人でありたいと言いながら、
タンスやクローゼットの中を見てみると、
見事に、
黒・グレー・オフホワイト・ネイビーなどなど
わーお、暗い。

クローゼットの中

この写真はまだブルーが入っているからいいけど、実際はもっとくらーい。
どんより曇り空のような感じ。
ありゃりゃ、これじゃ「可愛い」印象じゃないなぁ。
明るいチャーミングなイメージとは、程遠い色合いですね。

私にとって、黒って落ち着くんですよ。
似合っている気もするし。
ネイビーは、知的にかしこく見える気がするし。
グレーは、何でも組み合わせやすい気がするし。
あれれ?
みんな、「気がする」ですね。

これ、私の思い込みかもしれません。

 

前向きな言葉:「見た目から明るくなってみよう! 明るい色の 服を着る!」

オレンジのシャツを着た女性

先日、久しぶりに女子会に参加して来ました。
フィットネスクラブのインストラクターをしている先生・主催の会です。
先生は、相変わらずスレンダー美人さんで、見ていてうっとりしてしまう。
ほかの方も、オシャレさんで、きれいなピンク色のサマーニットを着ていたり・・・。

私は最近、運動するのも、オシャレをするのも、サボっていたので、
彼女たちに会うのは、ほんとに良い刺激になりました。

そのとき、以前先生からアドバイスされた言葉を思い出した。

「明るい色の服を着て、見た目から気分明るくいきましょうよ。」

そうだった・・・、

私、ピンクは好きな色だと言っている割に、いまは持っていない。
去年の断捨離で、「今年は着てないから、もういっか」って
明るい色の服をリサイクルショップに売ってしまっていた。
で、残った服は、ほぼモノトーン(白・黒・グレー)

なんということだ~。
夏に向かって、元気の出る明るい色の服を着よう。
服を買うなら、今年の流行の色は何色かなぁとインターネットで検索して調べてみた。

 

今年2016年の流行色は「ローズ・クオーツ&セレニティ」

朝焼けと夕焼けのような色

世界基準ともいえる色の見本帳を作っているパントン社が発表した今年2016年の流行色は、
「ローズ・クオーツ&セレニティ」淡いピンクとやわらかい水色のふたつの色です。

ちょうど、↑こんな感じの色ですね。
私好み。パステルなやさしい色。
ほんわかしていて、やわらかな感じでいいな。

 

色選びに自信の無いときは、プロに聞いてみる!

カラフルな色鉛筆

私の好きな色だけれど、似合うのだろうか?
好きな色を着たら似合ってくるよ、という意見もあるけれど、
できれば似合うと自信の持てる色を着たい。

そんなときに自信を持たせてくれる、プロのお墨付きをもらえるサービスがあるんです。
それが、「パーソナル・カラー診断」。

私は数年前に、この「パーソナル・カラー診断」受けてきました。
診断する人の、
肌の色・髪の色・瞳の色・唇の色などなどをベースに、
似合う色合いが、4つの季節の名前(春・夏・秋・冬)に分類されます。

そして、
首から下の肩の部分に、いろんな色の布を置いてみて
顔色がよく見える色を、見つけていくんです。

私の場合は、「夏」の色のグループ。+少し「冬」も入っているそうです。
「パーソナル・カラー診断」のとき、「夏」「冬」のグループの色見本カードを頂いたので、
服など身につけるものを買いに行くときは、そのカードを持っていきます。
これで、自信を持って色を選べるのだ~!

赤いバッグを持った女性

あれから数年経って・・・。
色を選ぶ自信がついてきたら、「カードに頼らずに、自分の着たい色着るといい」と思うようになってきた。

何事にもいえることだけれど、
悩むとき・迷うときは、プロのアドバイスをもらって、
最終的には、自分のこと自分で決める人でありたいのです。

 - 前向きな言葉 , , ,