前向きな言葉「捨てる神あれば拾う神あり」

   

インドの神様ガネーシャ

前向きな言葉「捨てる神あれば拾う神あり」

 

神様に感謝している女性

【意味】 捨てる神あれば拾う神ありとは、見捨てられることがあっても、一方で助けてくれる人もいる。たとえ不運なことや困ったことがあっても、悲観することはないというたとえ。

故事ことわざ辞典より

私的解釈
今は見捨てられたり、嫌われた~って、
悲しくなったり、切なくなっても、
今は失敗続きだったとしても、
ポジティブにいこうよ~、見てくれているひとはいるよ~
なんとかなるよ~、大丈夫だよ~。
こんな感じでしょうかね。

 

私の女子中学生時代の衝撃的な(!?)できごと

下校中の女子中学生

このことわざって日常会話で使うことあるでしょうか?
わたしは一度だけ、それも中学生のとき(!?)に耳にしました。

私が中学生の頃、友人のA子ちゃん・C子ちゃんと休み時間におしゃべりしていたときのお話です。

B君という、とってもアタマはいいけれど、見た目は恋愛に疎そうな男の子がいました。
超分厚いレンズのめがねをかけていて、髪はボサボサ、見た目も気を使っていません。

A子ちゃん:「B君は見た目はいまいちだけど、勉強教えてくれるしいい人だと思う」

それを聴いたC子ちゃん、

C子:「A子、秀才君が好きなんだ、へ~、捨てる神あれば拾う神ありだね~」

私:「かみ?なにそれっ?」

私がこれまでの人生の中で、1回だけ日常会話で、このことわざを聴いたときのお話でした。

ちと、使い方が違う気もするけれど、まぁB君の立場になったC子ちゃんが発した言葉?
なんだか、ややこしくなってきたのでこのへんで。
あなたは日常会話で、このことわざに限らず、ことわざを使うことってあるでしょうかね。
私あるかな?

 

 - 前向きな言葉 ,